【アニメ感想】 アルスラーン戦記 風塵乱舞 全8話 あらすじと感想 →8話って・・中途半端過ぎるぞー!

アニメ感想, ファンタジー2016年, シリアス, ファンタジー, 中世, 内山夕実, 坂本真綾, 小林裕介, 小説原作, 戦争, 戦記, 梶裕貴, 沼倉愛美, 細谷佳正, 花江夏樹, 藍井エイル

アルスラーン戦記 風塵乱舞

ぷちっとメモ

icon-film 8話じゃ逆に続きが気になる。
icon-film でもやっぱりダリューンさんかっけぇーすっ!

カテゴリ:ファンタジー
放送時期:2016年 – 7月

 あらすじ

聖マヌエル城での戦いから一ヶ月。パルスでは未だ終わりの見えない戦乱が続いていた。ルシタニアの侵攻によって生じたパルス国内の隙を突き、ペシャワール城砦に攻め込む遊牧国家トゥラーンの軍勢。アルスラーン達のいないペシャワール城砦で懸命に持ちこたえているパルス兵は、圧倒的な数の敵を前に、もはやその命は風前の灯という場面だった。しかしそのとき、一迅の黒い風が戦場を駆け抜けトゥラーン兵たちを次々と切り伏せる。間一髪で戻って来たアルスラーン達の声が戦場に響き渡った。

 

 感想

最初に思った率直な感想は、え、、8話しかやらないの?でした。前回の1期が24話もあってボリュームたっぷりだったのに対して8話しかないのが残念でしたが続きが見れるので良しとしましょう。

 

1期のオマケ的な全8話

基本的には完全に続きですが、ヒルメスの過去の話や、捕まっていた国王に対しての進展やそれに伴うアルスラーンの立場など8話しかないのに結構濃厚な話の内容になっていました。ヒルメスに関係するマルヤムのお姫様が出てきたり、ちゃんと新キャラも登場して更にそのCVが茅野さんだったので嬉しかったです!1期に比べてアルスラーンの精神が成長した感じがして、前作よりも大人な感じでした。国王のせいで話の内容がまた最初に戻った気もしますが、新たな土地や新たなキャラクターなどもいて少ない話数でも十分楽しめました。

 

続きが見たくなる全8話

8話で終わった事によって、続きが見たい欲求が刺激された感じでモヤモヤしました。原作ではなくコミックのアルスラーンに沿っていると思うのでコミックスが進んだら3期やるのかなーって感じです。本当の原作ではもっともっと先まで書かれていて、荒川版コミックスが少年のアルスラーンだけでなくもっと先まで続く事を願っています!!

 

アニメ配信情報

 
amazon U-NEXT Hulu
dアニメ ビデオパス FOD

 主題歌

オープニングテーマ ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター&キャスト

アルスラーン
声- 小林裕介
ダリューン
声- 細谷佳正
ナルサス
声- 浪川大輔
エラム
声- 花江夏樹
ギーヴ
声- KENN
ファランギース
声- 坂本真綾
アルフリード
声- 沼倉愛美
ジャスワント
声- 羽多野渉
エトワール
声- 内山夕実
ヒルメス
声- 梶裕貴

 

TVアニメ アルスラーン戦記 風塵乱舞 PV

 

アルスラーン戦記 (週刊少年マガジンコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク