アニメ ブラック・ブレット 感想と色々まとめ

ファンタジー, SFファンタジー2014年, fripSide, SF, やなぎなぎ, ガンアクション, バトル, ラノベ原作, 堀江由衣, 小清水亜美, 幼女, 悠木碧, 日高里菜, 梶裕貴, 細谷佳正, 豊崎愛生, 近未来

■ 動画配信情報 ■
ビデオマーケット :1話無料・他有料配信


カテゴリ:SFファンタジー
放送時期:2014年 – 4月



■ あらすじ ■

突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」。
なす術もなく大敗を喫した人類は、国土の大半を失った。
現在、人類はガストレアが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作ったモノリスで囲われた狭い「エリア」の中で、ガストレアの脅威に怯え、隠れながら生きることを余儀なくされていた。
そんな中、生き残りをかけた人類のささやかな抵抗として組織されたのが、民間警備会社。
――通称、民警。
天童民間警備会社に所属する主人公の里見蓮太郎は、
相棒の少女、藍原延珠と共に東京を壊滅に追い込まんとする、危険な企みに巻き込まれていく。


■ 感想 ■

ハーレムでもなく主人公が絶対的に最強というわけでもなく、
崩壊した世界を生き延びていくバトル物として嫌な部分がない。
若干、大人と幼女のペアで戦うという設定で幼女物の匂いがしたが、
延珠たち呪われた子供達の悲惨な現状も描かれていて、幼女物というよりダーク系寄りなので見ていて問題は無かった。


崩壊後の世界を舞台に描かれた物語なので、各キャラクターには暗い過去がある。
それも物語の軸として描かれていて、最初は延珠のキャラや女性陣の主人公を巡るバトルなど
コメディ要素も少しありますが総合的には明るい雰囲気ではありません。
それでも、わざとらしいセリフの言い回しや、謎のハーレム展開などイラっとする要素がないので見やすかったです。
アニメの最終回はスッキリと終わってはいませんが、
原作の小説も途中で止まってしまっているので気になったままになるかも。


声優さんは、主人公が梶さん、ヒロインの幼女が日高里菜さんでピッタリ。
敵役でしたが悠木さんの病み幼女キャラは似合いすぎでした。
オープニングもfripsideなので飛ばさずに毎回見ましょう!


ブラック・ブレット 神を目指した者たち (電撃文庫)


ブラック・ブレット (1) (電撃コミックスNEXT)


■ 個人的オススメ曲 ■

オープニングテーマ  ダウンロードはコチラ



エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ



エンディングテーマ②  ダウンロードはコチラ


■ 主要キャラクター ■

里見 蓮太郎
声 – 梶裕貴
藍原 延珠
声 – 日高里菜
天童 木更
声 – 堀江由衣
ティナ・スプラウト
声 – 黒沢ともよ
片桐 玉樹
声 – 細谷佳正
片桐 弓月
声 – 大久保瑠美
聖天子
声 – 豊崎愛生
司馬 未織
声 – 小清水亜美
蛭子 影胤
声 – 小山力也
蛭子 小比奈
声 – 悠木碧

ブラック・ブレット 1 (初回限定版BD) [Blu-ray]



ブラック・ブレット のDVDも借りられる!定額レンタルが1ヶ月無料!



ブラック・ブレット 公式PV



fripSide「black bullet」 PV



やなぎなぎ「トコハナ」PV