【アニメ感想】 クロックワーク・プラネット 全12話 ※ネタバレなし

SF2017年, fripSide, SF, XEBEC, ツンデレ, バトル, ファンタジー, ラノベ原作, ロボット, 加隈亜衣, 千本木彩花, 南條愛乃, 大西沙織, 独自世界

■ 動画配信情報 ■

amazon prime U-NEXT ビデオマーケット dTV
1話無料 定額見放題 1話無料
dアニメストア Hulu FODプレミアム ビデオパス
定額見放題 定額見放題 定額見放題 有料配信


カテゴリ:SF
放送時期:2017年 – 4月


 あらすじ

今から1000年前、地球の寿命が突然発表された。それから100年後、地球は死の星となった。
だが、ある人物により、寿命を迎える前に全てのものが歯車によって再現・再構築されたことにより、人類は生存することができていた。
しかし、歯車によって人類は生存できている一方で、破綻と延命といった犠牲を強いることが日常となり、人類は1000年もの間何も変われずにいた。
そんな惑星に暮らしている見浦ナオトの家に、ある日突然一つの箱が落下してくる。
その箱に入っていたのは一体の自動人形・リューズだった。


 感想

地球の全てが歯車によって再構築されたという、特殊な世界設定が魅力。
しかし、突然歯車の技術で再構築はできないと思うので1000年前よりも前から歯車の技術がかなり高度でないといけないと思ったのですが、歯車の世界になる前は電磁技術が使われていたという矛盾を感じた。


主人公が天才キャラではなく、天才的な才能を持ったバカなのでイラっとする描写が多々ある。
ナオトが少年なのでマリーも少女な様な安易な設定と、直したYシリーズがナオトに付き従ったり、バカキャラでヘタレのくせに言い事を言ったり、急に男らしい行動をとったりキャラ設定がブレブレに思えました。
ストーリーの流れと物語の設定基盤は良いのに、登場キャラのせいで全体的にワンランク下がって勿体無いです。結局、主人公がイマイチ!それ以外は良い!


オープニングがfripsideなので見た感じなのですが、南條さんにナオトの声をやって欲しくなかった。。。好きな声優さんなのでもっと良いキャラが良かった。
個人的には少し残念な作品でした。原作やコミックの方が良かったです。


クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)

Amazon
プライム会員は送料無料
楽天ブックス
楽天ブックスならいつでも送料無料
セブンネットショッピング
セブン‐イレブン受け取りなら送料無料
TSUTAYAオンラインショッピング
TSUTAYA受け取り送料無料

 主題歌

オープニングテーマ  ダウンロードはコチラ


エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター

見浦 ナオト
声 – 南條愛乃
リューズ
声 – 加隈亜衣
マリー・ベル・ブレゲ
声 – 大西沙織
ヴァイネイ・ハルター
声 – 松田健一郎
アンクル
声 – 千本木彩花
コンラッド
声 – 石塚運昇

クロックワーク・プラネットを見るなら!?

dアニメストアがオススメ!
月額400円(税抜)で2,600作品以上が見放題!
更に、初回31日間無料で見放題!

DVDレンタルで見る人は、定額レンタルが1ヶ月無料のぽすれん!


TVアニメ クロックワーク・プラネット PV

関連商品