【アニメ感想】 城下町のダンデライオン:兄弟多すぎて全員は消化しきれない!4コマ原作のきらら系王族コメディ! あらすじと感想

2020年3月29日アニメ感想, 日常, コメディ石原夏織, 小倉唯, 茅野愛衣, 花澤香菜, 早見沙織, M・A・O, 2015年, きらら, 学園, ホームドラマ, 日常

城下町のダンデライオン アニメ

放送時期:2015年 – 7月(全12話)

「城下町のダンデライオン」のあらすじ

ごく普通に街中で生活する櫻田家。だが父親は国を統べる王様で、子供達は全員特殊能力を持つ王家の一族だった。そんな一家の兄弟姉妹である茜・葵・修・奏・遥・岬・光・輝・栞の三男六女の中から、次期国王が国民投票によって選ばれることになった。

町中に設置された200以上の監視カメラによって日常がTV放送される中、一生懸命カメラを避けたり、選挙にやる気だったり、協力しあったりと思い思いの行動を取る兄弟姉妹たち。仲良しな家族ながら選挙で勝ち残るのは一体誰になるのか。

 

 

「城下町のダンデライオン」の感想

少し特殊な境遇の櫻田家が送る日常コメディ&ホームドラマ!基本的には櫻田家全員にスポットが当たるのですが、子供たち9人中4人が同じ高校、2人が同じ中学なのもあって学校でも話が多いです。なので学園コメディとしても結構面白いアニメだと思いますし、謎やら伏線やら複雑な設定もないので見やすいと思います!

ただ、そのかわりストーリーの山場と言える部分は最終話くらいしかないのであしからず。初めて見る人は人数が多い上に双子も2組いるので家族構成が難しいかも。兄弟の人数がこれだけいるので、もっとキャラ別のエピソード増し増しでも行けたと思いますが、そのあたりはテンポ重視なのか少し勿体無い気もしました。

 

豪華キャストと小倉唯ちゃんの歌パート!

主人公の茜役が花澤さんなのはもちろん良かったですが、茅野さんの演じた葵お姉ちゃんがすごく可愛かった!あと意外と修ちゃんの彼女である花ちゃんがキャラとして可愛くて良かったと思います。

小倉唯ちゃんの演じたヒカリちゃんがアニメ内でアイドルになったり、オープニング、エンディング、挿入歌、全てが小倉唯ちゃん関係なので音楽は小倉唯ちゃんに支配されていました!別に小倉唯ちゃんも好きなので文句はないのですが、花澤さんや茅野さん、茜の友達役で早見さんなどなど豪華なキャストなアニメだったので、キャラソンとかも聞いてみたかったかなぁ。

 

4コマだけど続きの見られるコミックスもオススメ!

キャラ絵は原作コミックスの方が断トツで好きなのですが、原作は4コマな上に登場人物が多くて少し読みにくいので総合するとアニメの方が見やすくて良かった気がします。

アニメは次期国王選挙のみで構成されていますが、この作品としては選挙で終わりというわけではないみたい。コミックスでは選挙の後も続いていますし、新しくアンジェ滞在編が始まったりとまだまだ続きそうです!アンジェが出て来てこの国以外の国の王族も特殊能力がある事が判明しました!あと葵お姉ちゃんが一人暮らし始めています!

 

 

「城下町のダンデライオン」の主題歌

オープニングテーマ ↓試聴できます↓

エンディングテーマ ↓試聴できます↓

 

 主要キャラクター&キャスト

櫻田茜
声 - 花澤香菜
櫻田葵
声 - 茅野愛衣
櫻田修
声 - 木村良平
櫻田奏
声 - 石原夏織
櫻田遥
声 - 村瀬歩
櫻田岬
声 - 松井恵理子
櫻田光
声 - 小倉唯
櫻田輝
声 - 勝田詩織
櫻田栞
声 - 鈴木愛奈
佐藤花
声 - 相坂優歌
鮎ヶ瀬花蓮
声 - 早見沙織
白金杏
声 - M・A・O

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ