【アニメ感想】 亜人ちゃんは語りたい 全12話 あらすじと感想 →おのれぇ~!!笑

アニメ感想, ファンタジー, 日常2017年, A-1pictures, Lynn, TrySail, コミック原作, コメディ, ファンタジー, 吸血鬼, 女子キャラメイン, 学園, 日常, 日笠陽子, 本渡楓, 現代, 篠田みなみ, 諏訪部順一

亜人ちゃんは語りたい

ぷちっとメモ

icon-heart 絵が可愛いしキャラがみんな可愛い!(プールの回はやばい)
icon-heart ひかりにカジカジされたい ◥(ฅº₩ºฅ)◤ 

カテゴリ:日常・ファンタジー
放送時期:2017年 – 1月

 あらすじ

亜人と呼ばれる特別な性質を持つ人間たちが一般社会に自然に溶け込んでいる世界。現在では、社会的な弱者である亜人に対する生活保障が整備され、若者たちには亜人のことをデミと可愛く呼称するまでになっていた。新学期、大学時代から亜人に興味をもっていた高校の生物教師の高橋鉄男は、これまで一度も出会ったことのない亜人たちに、突如として囲まれる生活を送ることになる。ヴァンパイアの小鳥遊ひかり、デュラハンの町京子、雪女の日下部雪、サキュバスの新人教師佐藤早紀絵。彼女たちは、それぞれに「亜人としての悩み」を抱えながら日常生活を続けており、鉄男は次第に教師として、同僚として、彼女たちの話を聞きながら問題に向かい合っていく。

 

 感想

女子高生たちの学園の日常生活に加えて、亜人という独自の世界観をファンタジー要素として加えている作品でした。ヴァンパイア、雪女、デュラハン、サキュバス、そしてちょぴっと透明人間。透明人間以外のキャラはメインとして序盤からずっとでていて、全体の日常的なパートとそれぞれのキャラの悩みなどがオムニバス的に話が進んでいきました。透明人間はOVAでのみ出演。

 

キャラみんなに違った魅力がある

それぞれのキャラの属性もちがくみんな可愛いくて、個人的にはヴァンパイアのヒカリちゃんがやっぱ好き。デュラハンの町さんだけちょっとキャラが濃すぎるフォルムですが、凄く良い子というギャップもまた良く、サキュバスの佐藤先生もセクシーだし、雪女の雪もギャグが好きなど、必ずお気に入りのキャラが見つかると思います。高橋先生に各メインキャラが好意を抱くものの、照れてしまったり先生が鈍感だったりで進展しないのもモヤモヤする感じではなく微笑ましく見られて心地良かったです。なので、ハーレムといえばハーレムですが良くあるハーレムとは違っていて嫌な感じはしないと思います。

 

高橋先生はハイスペック

主人公の高橋先生が、過去の研究者が本にしていないような亜人の特性を解明するなど優秀で、更に、優しさが溢れるようなセリフを言うなど見た目のキャラデザに反してかなりかっこいい。声優さんがFateのアーチャーの声で有名な諏訪部さんなので見た目とのギャップに女性はハマるかもしれませんね。コミックスは現在6巻まででてます。原作のコミックスの4巻までの部分をアニメ化しやすいように順番を入れ替えてアニメになったみたいですね!コミックスも良いですがこの作品はみんなの元気に動いている姿が良かったので、是非2期お願いします!!

アニメ配信情報

 主題歌

オープニングテーマ  ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター&キャスト

高橋 鉄男
声 – 諏訪部順一
小鳥遊 ひかり
声 – 本渡楓
町 京子
声 – 篠田みなみ
日下部 雪
声 – 夏川椎菜
佐藤 早紀絵
声 – 日笠陽子
小鳥遊 ひまり
声 – Lynn

 

TVアニメ 亜人ちゃんは語りたい PV

 

亜人ちゃんは語りたい(ヤングマガジンコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク