【オススメ漫画】 グレイプニル:可愛い着ぐるみからは想像できないバイオレンスバトル漫画! あらすじと感想

2020年3月29日オススメ漫画連載中, アニメ化, バトルアクション漫画

グレイプニル

既刊:6巻(2019/12/20発売)

「グレイプニル」のあらすじ

勉強はできるし、友達もいる。ちょっぴり恵まれてはいるフツーの男子高校生・加賀谷修一はバケモノに変身してしまうというヒミツを持っている。そしてその秘密を偶然知った後輩・青木紅愛(クレア)。「秘密をバラされたくなかったら、私に協力してね」隠していたヒミツを知られた修一は、危険で過激なクレアに振り回されっぱなし。だが、二人はすでに、決して離れられない運命に巻き込まれていた。

 

「グレイプニル」の感想

異能バトルラブコメといった感じのいままでに無い雰囲気の作品でした。話が始まるまでの経緯や主人公たちの関係性が他の作品とは少し変わっていて面白いです。そばかすって要素を付けられてる実質的なヒロインのクレアも可愛いし、ちょっとエロい。他にも女の子のキャラはみんな可愛く描かれていて絵自体が良いのもこの作品を気に入った所です。

 

二人の繋がりが重要なポイント。

気弱な修一に代わって、クレアが自己犠牲・悪い事は私がやると言う気持ちで修一の中に入り二人組で戦う事が始まるのですが、修一の気持ちが徐々に変わってきて、二人で一緒に戦うという気持ちになっていきます。そのあたりから修一の今まで躊躇ってきた感じが消え始めてきて今後はどうなって行くのか気になる所です。

いわゆる「吹っ切れてきた」状態になってきて今後、二人でより一層力を合わせて戦っていく事になるのか、クレアを大切に思うあまりに修一が単独で何かし始めるのか、どっちにでも転びそうなのでバトル部分以外の物語性が重要になってきそうです。それだけバトル以外の部分である二人の関係なども魅力的だという事です!

 

まだ謎が多くこれからが楽しみ!

ストーリーも、なぜ修一がぬいぐるみになったか、クレアの姉は何をしようとしているのか、修一の消えた過去の記憶、ラスボス的コインを100枚集めた奴、などなど気になる要素が多く、これらの謎が並列的に少しずつ分かってくるので話が進むにつれてどんどん面白くなってきます。現状6巻まで読んだ感じ、ホントその通り徐々に分かってきて続きが気になる!って感じです!

 

グレイプニル、アニメ化するんだってよ。

異能バトルといっても様々なキャラが様々な能力で戦う部分はそんなになく、絵とか話の雰囲気とか何となくミステリー要素も含んでいるようにも感じました。個人的には修一とクレアの二人の関係性の方が気になっているので、ラブコメ部分も十分楽しめると思います!アニメ化は決定しているみたいですがまだ結構先になりそう。どこで区切るのかも気になりますが絵とかキャストも気になるので細かくチェックします!

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ