【アニメ感想】 変態王子と笑わない猫。 全12話 あらすじと感想 →主人公がアホっぽいけど我慢してね

アニメ感想, ラブコメ2013年, J.C.STAFF, ハーレム, ミステリー, ラノベ原作, ラブコメ, 久保ユリカ, 学園, 小倉唯, 梶裕貴, 田村ゆかり, 石原夏織

変態王子と笑わない猫

ぷちっとメモ

icon-music EDの小倉唯さんの曲はprime musicで聴ける。
icon-book コミカライズは全8巻で完結。

カテゴリ:ラブコメ
放送時期:2013年 – 4月

 あらすじ

常に女子のことばかりを考えている横寺陽人は、陸上部の部長・鋼鉄の王から次期部長に指名される。しかし陽人はもともと水泳部の女の子の水着を見るという不純な動機で陸上部に所属していたため、やる気がなく断りたかったが、どうしても建前で喋ってしまい、中々本音が言えず断れずにいた。そんなある日、町外れの一本杉の丘にある笑わない猫像は、お供え物を捧げることで、自分がいらないと思う何かを、それを必要としている他の誰かに渡してくれるという話を聞く。陽人は藁にもすがる思いで自らの建前を猫像に引き取ってもらおうと像のある一本杉の丘に向かうと、そこで筒隠月子と出会う。月子も猫像にいらない本音を引き取ってもらおうと考えていたという。そうして2人が願うと陽人からは建前が、月子からは本音、すなわち表情が消えていた。

 

 感想

ラノベ原作のラブコメアニメ。笑わない猫像関連でミステリー要素も含まれているようで面白かったです!良くあるハーレム系のラブコメに設定自体は近いのですが、あからさまなエロ要素を自重して、その分ミステリー要素を追加している事でバランスがとても良くなっていました。

 

月子ちゃんはそのままで良いと思う!

1話では普通だった月子がその後クール無表情キャラになって、更に猫像のせいで絶対に無表情を貫くキャラはとてもよかった。無表情ながらも明らかに怒ったり、セリフから照れているのが分かったり意外と感情豊かであったり、そのくせラッキースケベの餌食になる率は高くメインヒロインとしてはかなり好きなキャラでした!この作品では他のヒロインキャラも猫像の力によって性格が変化するので、ヒロインは3人ですがもっと沢山のヒロインがいるような錯覚で少しお得な気分になります!そのあたりの趣向が全12話なのにもっと長い作品のように感じるのかも知れません。

 

アホ過ぎてちょっとウザい

ストーリーとしては、結構前半で初期の目的は達成するのですがその先のミステリーを含んでからの方が面白いです!ちなみに主人公のエロアホっぽさは梶さんがかなり上手く演じられているのですが、キャラとしてはあんまり好きではないです。作品のストーリーや設定はかなり良いのに主人公がアホすぎて、もう少し普通で良かったと思います。

 

OP&EDも満足の出来でした

オープニングとエンディングは筒隠姉妹のお2人が、オープニングは田村ゆかりさん、エンディングは小倉唯さんが歌っていて選曲、キャストともに大満足!特にエンディングは月子が一緒に歌っているような映像でとても可愛かったです!原作ラノベは全12巻で完結済み。良作だったので原作も気になりますが、アニメで結構すっきり終われたので原作を見て終わり方がモヤモヤしたら嫌なので見ないかもしれません。アニメはラブコメあんまり見ない人でも見られると思います!

アニメ配信情報

 
amazon U-NEXT Hulu
dアニメ ビデオパス FOD

 主題歌

オープニングテーマ ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター&キャスト

横寺陽人
声 – 梶裕貴
筒隠月子
声 – 小倉唯
小豆梓
声 – 石原夏織
筒隠つくし
声 – 田村ゆかり
エミ
声 – 寺川愛美
猫神
声 – 久保ユリカ

 

TVアニメ 変態王子と笑わない猫。 PV

 

変態王子と笑わない猫。(MFコミックス アライブシリーズ)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク