アニメ 甲鉄城のカバネリ 感想と色々まとめ

ファンタジー, ダークファンタジー2016年, グロめ, シリアス, ダークファンタジー, バトル, 伊瀬茉莉也, 内田真礼, 千本木彩花, 和テイスト, 宮野真守, 梶裕貴, 独自世界, 逢坂良太, 遠藤綾

■ 動画配信情報 ■
Amazon prime video:全話有料・prime会員なら全話無料配信
ビデオマーケット :全話有料配信


カテゴリ:ダークファンタジー
放送時期:2016年 – 4月



■ あらすじ ■

噛んだ人間をウイルス感染させ同族に変える怪物・カバネに覆い尽くされた世界。
駅と呼ばれる砦を駿城という装甲蒸気機関車で往来するという、カバネから隔離された堅牢なインフラを整備することで生活が保たれていた。
かつてカバネによって妹を殺された少年・生駒が、独自の対カバネ武器やカバネウイルスの侵食を止める器具などの研究を行っていたある日、不思議な少女・無名を乗せた駿城「甲鉄城」が顕金駅に立ち寄る。
同日、カバネに乗っ取られた別の駿城が顕金駅に突入、顕金駅は放棄されることとなる。
生駒はカバネに対抗するも噛まれ自作の器具を用いてウイルス侵食を止め、体はカバネながらも理性と人格を保った存在・カバネリと化する。
駅の住民は甲鉄城に避難し生駒は自身の変化にショックを受けながらも、同じカバネリであった無名とともに彼らに同行し、カバネからの脱出行が始まった。


■ 感想 ■

ギルティクラウンや進撃の巨人などの監督が手がけたアニメオリジナルの作品。
ストーリーはもちろん絵や音楽も含めかなり面白かった作品です。
全12話で今後、劇場版もやる予定です。


和風テイストな世界を少しだけ近代化させゾンビを混ぜた感じで、これだけ聞くと色々混ぜたように思え少し不安でしたが、見てみるとそのバランスは絶妙でこの作品だけのテイストを演出していました。いわゆるスチームパンクアニメ。
主人公もけっして強いわけではないのですが、このアニメは肉体的な戦いではなく精神的な戦いを色濃く描いています。
バトルシーンや踏ん張りどころのような場面との音楽の合わせ方もかっこよく、オープニングがEGOISTというのもあって「ギルクラっぽいな」と思っていたら同じ監督さんでした。
エンディングもAimerを起用し、AimerとEGOISTのコラボのような曲もありオープニング、エンディング共に豪華でとても良かったです。


ストーリーは後半少しだけ盛り下がる感じですが、絵も綺麗で音楽も良く総合的にはかなり良いと思います。
アニメオリジナルなので12話構成で個人的に良くやる、「続きを原作で見る」ができないので残念ですがアニメの半年後を描いた劇場版が2018年の夏に公開予定なのでそれを楽しみに待っています!


甲鉄城のカバネリ 1 (BLADE COMICS)


■ 個人的オススメ曲 ■

オープニングテーマ  ダウンロードはコチラ



エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ



エンディングテーマ②  ダウンロードはコチラ


■ 主要キャラクター ■

生駒
声 – 畠中祐
無名
声 – 千本木彩花
四方川 菖蒲
声 – 内田真礼
来栖
声 – 増田俊樹
逞生
声 – 梶裕貴

声 – 沖佳苗
侑那
声 – 伊瀬茉莉也
巣刈
声 – 逢坂良太
天鳥 美馬
声 – 宮野真守
滅火
声 – 遠藤綾

甲鉄城のカバネリ 1 完全生産限定版 [DVD]



甲鉄城のカバネリのDVDも借りられる!定額レンタルが1ヶ月無料!



甲鉄城のカバネリ PV



EGOIST「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」



Aimer with chelly「ninelie」