【アニメ感想】 ココロコネクト 全17話 あらすじと感想 →ミステリーよりドロドロした人間関係が気になる

アニメ感想, ミステリー

ぷちっとメモ

icon-book コミカライズがkindleで40%オフ
icon-book コミカライズは全5巻

カテゴリ:ミステリー
放送時期:2012年 – 7月

 あらすじ

私立山星高校に通う桐山唯と青木義文は、ある日の夜中に一時的に互いの魂が入れ替わる現象を体験する。夢か現実か気になった2人は、文化研究部の仲間である八重樫太一、永瀬伊織、稲葉姫子に相談するが、冗談話と思われ茶化されてしまう。しかし、数時間後に太一と伊織の体が再び入れ替わり、話が本当だと信じた2人は文化研究部へ戻り、副部長の稲葉に体が入れ替わったことを説明する。かくして、人格が入れ替わりながらも日常生活を送るが、この現象はふうせんかずらという謎の存在による実験であった。

 

 感想

学園ミステリーに少しラブコメを混ぜているような作品です。ミステリー要素によってラブコメがドロドロしたり、ラブコメ要素によってミステリーが複雑になっていたりと相乗効果で二つの要素をより面白くしていました!

 

結構ちゃんとしたミステリー

謎の存在「ふうせんかずら」が5人を面白くすると言っていた通り、良い感じにふうせんかずらに弄られる5人。ミステリーと言っても謎解きがメインというわけではなく、一定の期間をふうせんかずらの実験からどう乗り切るか試行錯誤する姿を描いています。何個かのパートに区切られていて内容はパートごとに違うのはもちろん、1つのパートの中でも後から条件や内容が変わったりするのをその都度頭を使って乗り越える感じは見ごたえがありました。

 

豹変するキャラクターたち

ふうせんかずらの実験からくる精神的プレッシャーによって豹変するキャラが続出。主に女性キャラですがそのほとんどが怖い方への豹変でした。唯と稲葉は比較的短い話数で解決して元のキャラに戻りますが、一番怖かったのは伊織ちゃんです。精神崩壊、自暴自棄の期間が結構続いて最終的には落ち着くのですが根本的にはそのキャラを引きずったまま、伊織ちゃんのキャラにそれを加えた状態をデフォルトとして終わったみたい。これが全編通して多々あるので物語としては結構重めで、明るい話題としては稲葉がデレてからの太一とイチャラブくらいでした!

 

好きなキャストで満足でした

学園ものなので文研部の5人とクラスメイト、あとはメインキャラの家族くらいしか出てこないのですが全体的に満足なキャストでした!一番メインである文研部の女子だけでも、沢城さんと豊崎さん、金元さんとこれだけでも結構豪華だと思います。特に沢城さんの演じたデレた稲葉は凄く可愛かったので見てください!!豊崎さんの伊織ちゃんも前半は可愛いのですが、後半はそれを上書きできるほど怖いんですよね。他にも太一の妹が大亀さんでとても可愛いので注目してみて欲しいです!

アニメ配信情報

 
amazon U-NEXT Hulu
dアニメ ビデオパス FOD

 主題歌

オープニングテーマ ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター&キャスト

八重樫太一
声 – 水島大宙
永瀬伊織
声 – 豊崎愛生
稲葉姫子
声 – 沢城みゆき
桐山唯
声 – 金元寿子
青木義文
声 – 寺島拓篤
藤島麻衣子
声 – 伊藤静
渡瀬伸吾
声 – 小野友樹
八重樫莉奈
声 – 大亀あすか

 

TVアニメ ココロコネクト PV

 

ココロコネクト (ファミ通クリアコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ