【おすすめ漫画】 今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね 気が付いたら異能バトルになってた。 あらすじと感想

2019年11月2日オススメ漫画連載中, バトルアクション漫画

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね

ぷちっとメモ

icon-book 次巻から新章突入なのか?

ジャンル:バトルアクション
掲載媒体:少年マガジンR
既刊:10巻 → -last- 1巻(2019/8/16発売)

 あらすじ

恋が“殺意”に侵されてしまう症状に感染した神城卓は、片思いの相手・花園魅香への殺意に苛まれるが、他の殺意の症状の感染者たちから花園を守るべく、相手のすべてを「洞察する」眼の力を覚醒させる。しかし遊園地を大混乱に陥れた感染者との戦いの中で、その眼の力は、好きな人に褒められた事によって芽生えた能力という事、そして、能力を使うために殺意に呑まれてしまうと、周囲の無関係の人間までも巻き込んでしまう事を理解する。

 

 感想

読み始めの最初の最初は普通の学園ラブコメかと思うような入りから、すぐにバイオレンスでグロめな感じを表します。事前にそっち系の漫画と知っていて読んだので問題ありませんが、更に話が進むにつれて異能バトルのような要素も追加されはじめて結果としては正解だと思います。ただの殺し合いやグロいだけではなく、IDを巡る組織同士の抗争+その他。という戦いに感染者の異能を混ぜる事で少しファンタジー感がでてます!リアルな設定を求めていた方はファンタジーっぽいのが嫌かも知れませんが、そもそもID自体がファンタジーな病気だと思うのであきらめましょう。

 

メイン以外もしっかり描かれてる

知らない間に仲間になったルーディメントの人達と神代の日常的な場面や、その各キャラたちの過去を掘り下げたり、敵であるCIDの林から神代に向けられる恋心のような不思議な感情など、メインのストーリー以外にも所々でアクセントとなる話も多くて飽きないで読めました!でも、しっかり「愛=殺意」という報われない設定も忘れずに、それを活かした上での他のキャラの話は面白かったです。

 

新章突入してどうなるか

今、ちょうど10巻時点で一区切りといった感じで、今後の神代と花園の動向も気になりますしルーディメント、CIDの面々も気になります。まだ読んでない方はとりあえず10巻まで読むのにちょうど良いタイミングだと思うのでオススメです!

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね (月刊少年マガジンコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ