劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来編 感想と色々まとめ

ファンタジー, ダークファンタジー2015年, シリアス, ダークファンタジー, バトル, ラノベ原作, 京アニ, 劇場版, 学園, 川澄綾子, 現代, 種田梨沙, 能力, 茅原実里

■ 動画配信情報 ■
Amazon prime video:prime会員なら無料配信
U-NEXT:有料配信
ビデオマーケット :有料配信


カテゴリ:ダークファンタジー
上映時期:2015年 – 4月


過去編はアニメのダイジェストのようなものだったので
未来編のみの記事になります。
アニメを見た前提で記載してます。


■ あらすじ ■

アニメ版の最終回で境界の彼方が秋人の中に戻り、
未来は消滅したと思われていたが秋人と未来は初めて会ったあの屋上で再会を果たした。
しかし、未来は一切の記憶を失っていた。
秋人は皆に口裏を合わせるよう頼み、未来を妖夢の世界から遠ざけるよう努めていた。
名瀬家では失踪した泉に代わり博臣が当主として活動していた。
そんな中、異界士が次々に襲われる事件が発生する。


■ 感想 ■

未来編は気になっていたアニメの続きを見させてくれる作品でした。
90分の作品ですが内容が濃くてもっと長いように感じました。
秋人と未来パートはまさかの記憶が無い展開でアニメの最終回で綺麗に終わったと思っていたので少しびっくりしました。
劇場版にワンアクセント付けた設定かと思ったらちゃんと必要なのでOK。
アニメ版で不明になっていた泉の行方や藤真弥勒の過去、
そして呪われた血の一族と境界の彼方の関係など総ざらいで回収してくれた。
ラストの部分はアニメの最終回を少し思い出すような感じと、これが本当の最終回という感じでとてもスッキリと終われた。


アニメを見て良かったのなら文句なしで見たほうが良いです。
未来ちゃんのラスト「不愉快です」は最高の笑顔でした。

劇場版主題歌  ダウンロードはコチラ

境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇 [Blu-ray]



劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇のDVDも借りられる!定額レンタルが1ヶ月無料!



劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 予告篇



茅原実里「会いたかった空」公式MV