【おすすめ漫画】 魔法少女特殊戦あすか あらすじと感想 ※ネタバレなし

オススメ漫画, バトルアクション(漫画)漫画, 連載中

Amazon
プライム会員は送料無料
楽天ブックス
取り扱いなし
セブンネットショッピング
セブン‐イレブン受け取りなら送料無料
TSUTAYAオンラインショッピング
TSUTAYA受け取り送料無料


カテゴリ:SF・ファンタジー・バトルアクション
掲載媒体:月刊ビックガンガン
既刊:9巻(2018/12/25発売)


 あらすじ

地冥界(ディスアス)の侵攻に遭った人間界は、精霊界(フェアト)の軍事支援を受けて誕生した魔法少女達の活躍により、地冥界を撃退した。しかし、人間界は平和になった訳ではない。異世界との接触は、生き残った魔法少女以外にも魔女や魔術師を生み出し、人間界には新たな軍事バランスが生じている。
大鳥居あすかは生き残った魔法少女・「マジカル・ファイブ」のリーダーだったが、ディスアスとの戦いに疲弊し引退状態となっていた。
しかし、友人が目の前でテロリストの襲撃に巻き込まれ、否応なしに魔法少女として戦うことになる。魔法少女として戦うことに消極的だったあすかだが、テロ組織・バベル旅団の暗躍により、同じマジカル・ファイブである夢源くるみや高校の友人らが巻き込まれるようになり、陸上自衛隊特殊作戦群の魔法少女特殊戦開発部隊・M班への参加を決意する。


 感想

アニメが始まる前に記事を書こうと思って急いで読みました!
タイトルに「魔法少女」とある割には厨二や萌えも無く魔法少女を大人向けにしてあって読みやすいです。
過去の大きな戦いがあって、それを生き残った魔法少女たちが主人公なんですけど、その生き残り5人の呼び名が「マジカルファイブ」というダサい所が某魔法少女を彷彿とさせます。
内容的にはまあまあグロめで、回復魔法もある世界なので拷問も結構ハードな内容でした。
雑兵たちもバサバサと死んでいくので大きな戦いをしているリアリティはあります。
あと敵の元の姿が可愛いぬいぐるみなのもギャップがあって良かったです。


絵はとても綺麗に描かれていて見やすいし、内容もちょうど良い間隔で○○編のような区切られ方をしているので、無駄に話が長引かなくて中だるみもありません。
キャラごとのエピソードも人数が少ないので良いアクセントになっていると思います。
SFの世界に魔法を織り込んだ世界観が個人的に好きなのでとても気に入りました!


そして・・アニメは1/11から放送!
主人公のアスカは洲崎さんがやられますし、更に自分の好きな声優さんで言えば、MAOさん、竹達さん、高橋李依さんも出演されるので、キャストも現時点ですでに満足の出来です!
主題歌もオープニングの作詞は川田まみさん!エンディングはガルニデさん!
ここまででかなりのアニメ要素が組み合わさっていて期待値はかなり高いです。


さて、アニメではどこまでの部分をやるのか、、
6巻あたりまでで量も内容もちょうど良さそうな気はします。
PV見ましたが、戦闘シーンはやっぱりアニメの方が躍動感があって良さそう。
結局、アニメの情報が多くなってしまいましたが原作を読んでから見るか、アニメ見てから原作を読むか。皆さん是非お悩みください。

魔法少女特殊戦あすかをすぐ読むなら!?

Renta!がオススメ!
いつでも、どこでも読めてレンタルは100円から!
毎週かわる「無料!読み放題マンガ」が充実していて
会員になれば合計で200作品以上が無料で読めます!

単行本でまとめて買いたい人はネットオフ!

関連商品