【おすすめ漫画】 もののがたり あらすじと感想 →みんなが好きな妖怪物だぞ!厳密には付喪神物だけど。

オススメ漫画, バトルアクション 漫画漫画, 連載中

ぷちっとメモ

icon-book 割引ぜーんぶ終わってしまった。

カテゴリ:バトルアクション
掲載媒体:ウルトラジャンプ
既刊:9巻(2019/1/18発売)

 あらすじ

付喪神…それは、古びた器物に心が宿った存在。付喪神に大切なモノを奪われ、憎む青年・岐兵馬。付喪神と共棲し“家族”として愛す少女・長月ぼたん。千年の都・京都で、二人は出逢い、暮らすことになる。三者交わる共同生活、前途多難な屋根の下。人と物。絆と恋の付喪ノ語り開幕。

 

 感想

ヒトガタナのオニグンソウさんの作品。絵のタッチが結構変わった印象をうけたのと、設定とかストーリーとか、全体的にこちらのほうが好きでした!現在コミックは9巻まで出ているのでアニメの原作ストックとしてはギリギリ行けるくらい溜まったんではないかな?内容的にもアニメ映えしそうなバトルシーンが多いのでアニメ化して欲しいです!

 

異能バトルとヒューマンドラマ

内容的には付喪神を管理する異能者の主人公と、その付喪神と家族のように暮らしている少女が距離を縮めて行き、それに伴って主人公の内面にも変化が起こる。付喪神には何の道具の付喪神かによって固有の能力があったり、異能者側も家系によって戦闘スタイルがあるなど王道ではありますが結局そういうのが面白いと思っちゃう。人間と深い関係を築かず特殊な環境で育ったヒロインと、空気を読む事が苦手で恋愛ベタの主人公が少しずつ惹かれていく所も見所の一つで、今のところはハッキリと進展はないもののヒロインの気持ちが垣間見える描写などが良いです!よくこの設定のキャラをくっつけよう(くっつくかは知らないけど)と思ったな。ちなみにエロ要素はまったくないので、男性陣は残念でした!

 

多彩な異能バトルが見どころ

話が進んで行くに連れて色々な組織、付喪神キャラもどんどん増えていってバトルシーンにもそいつらの能力で幅が広がってきた感じです。こういう能力系の漫画とかってラスボスがチート級能力でそれを力を合わせてとか知恵を絞って倒して終わるのが多い気がするので、そういう良くある感じでは終わらないで欲しい漫画。今後の展開にも注目して読んでいきます!

もののがたり (ヤングジャンプコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク