【アニメ感想】 六花の勇者 全12話 あらすじと感想 →全キャラが疑心暗鬼状態でとってもカオスです

アニメ感想, ファンタジー, ミステリー2015年, お姫様, キャラソン, キャラ可愛い, バトル, ファンタジー, ミステリー, ラノベ原作, 佐藤利奈, 内山昂輝, 加隈亜衣, 悠木碧, 斉藤壮馬, 日笠陽子, 石田彰, 鈴村健一

六花の勇者

ぷちっとメモ

icon-music EDのフレミーの曲がprime musicで聴ける。
icon-book コミカライズは全4巻で完結。
icon-group みんなキャラが豹変するんだもの。怖い。

カテゴリ:ファンタジー・ミステリー
放送時期:2015年 – 7月

 あらすじ

1千年前、世界を破滅に追いやった魔神と呼ばれる存在が、一輪の花を武器とした聖者によって封じられた。一輪の花の聖者は「いつか魔神は蘇るが、そのとき自分の力を受け継いだ六人の勇者が現れて魔神を封じるだろう」と予言を残し、その予言通り過去二度に渡って魔神が目覚めたが、選ばれた6人の勇者により復活は阻止された。そして三度目の魔神復活を前に、新たな6人の勇者たちが集結する。だが、勇者達はなぜか7人存在した。更に敵を妨害するための霧幻結界を悪用され、7人全員が森に閉じ込められてしまう。この7人の中の誰かが敵であることに気付いた勇者たちは、互いに疑心暗鬼に陥る。

 

 感想

ラノベ原作のファンタジー作品で全12話。最初に言っておくとスッキリ終わったかと思いきや、続きがものすごく気になる作品でした。現状、2期はやりそうにないので原作ラノベでチェックするしかないと思われます。コミカライズもされていて読んではいませんが、4巻だけでアニメの内容のみのようです。

 

しっかりミステリーしてる

一応、事前に情報を入れてから視聴したのですが序盤は結構しっかりとファンタジーでした。なんか、イマイチ良くないような話もチラホラ聞いてたのですが予想に反してしっかりファンタジーしていたので良かったです。中盤からは誰が7人目か・・がメインのミステリーパートになっていてこのあたりから冒険ファンタジーではなくなってきました。個人的にはファンタジー世界でミステリーってアニメはあんまり聞かないし見ないので新しい感じがして面白かったですが、冒険ファンタジーとかバトルファンタジーを見たかった人には物足りないかもしれません。設定はしっかりしていて、単純に冒険・バトルファンタジーでも通用するような設定。その分、ミステリーに重きを置いてしまっているのが残念と言うのも分かります。世界観、キャラデザ、キャスト、においては高クオリティな作品なので、見る側が「ファンタジー世界のミステリー」と割り切って見れば面白く見られると思います。

 

碧ちゃんのフレミーが最高すぎる

そして!!この作品の最大最強の見所と言えば、悠木碧さん演じるフレミーの存在。マジ最高でした。。フレミーの気持ちを押し殺したような震える声が最高です!!序盤と終盤で少し心の変化があったフレミーの声の変化なども最っっっ高で、本当にアオちゃんがフレミーなんじゃないかと思わせるようなキャラとの一体感でした!この「悠木碧×フレミー」の為だけにでも、この作品を見る価値はあると思います!!

アニメ配信情報

 
amazon U-NEXT Hulu
dアニメ ビデオパス FOD

 主題歌

 主要キャラクター&キャスト

アドレット・マイア
声 – 斉藤壮馬
フレミー・スピッドロウ
声 – 悠木碧
ナッシェタニア
声 – 日笠陽子
ゴルドフ・アウオーラ
声 – 内山昂輝
モーラ・チェスター
声 – 佐藤利奈
チャモ・ロッソ
声 – 加隈亜衣
ハンス・ハンプティ
声 – 鈴村健一
テグネウ
声 – 石田彰

 

TVアニメ 六花の勇者 PV

 

六花の勇者(ジャンプコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク