【アニメ感想】 終わりのセラフ 名古屋決戦編 全12話 ※ネタバレなし

ダークファンタジー, ファンタジー2015年, SF, コミック原作, シリアス, ダークファンタジー, ツンデレ, バトル, 中村悠一, 井口裕香, 入野自由, 吸血鬼, 岡本信彦, 悠木碧, 早見沙織, 櫻井孝宏, 独自世界, 石川界人, 遠藤綾

■ 動画配信情報 ■

amazon prime U-NEXT ビデオマーケット dTV
1話無料
定額見放題 1話無料
dアニメストア Hulu FODプレミアム ビデオパス
定額見放題 有料配信

カテゴリ:ダークファンタジー
放送時期:2015年 – 10月

あらすじ

吸血鬼達の新宿襲撃戦から7日後、優一郎は柊暮人に呼び出されて尋問を受ける。
吸血鬼側のスパイだと疑われた優一郎は、同時に自分が暮らしていた孤児院が身寄りのない子供を集めて人体実験をしていたことを知らされる。
鬼呪装備の「具現化」や「憑依化」を知った優一郎は訓練を開始し、優一郎や君月が苦戦する中、与一は早々に具現化に成功する。
そして名古屋を舞台に大規模な人間と吸血鬼の戦いが始まると、「終わりのセラフ」を巡る戦いも動き始める。

 感想

続きです。不満な点は1期の記事で書いた所とほぼ同じ。
名古屋決戦編はコミックの5巻から11巻までの内容。塩の王かっこええ!までです!
優一郎とミカエラの絡みが多くなるので吸血衝動も相まってBL感が強い気が、、。

名古屋編になると人間と吸血鬼の抗争がメインで描かれるので、人間、吸血鬼共にキャラが増えます。
主要キャラはアニメ化にあたって少し不自然さを感じたと書きましたが、準主要キャラや敵の吸血鬼は特に違和感はありませんでした。
多少、コミックの時の自分の思い込みも反映しての不自然さかと思うので、皆さんは感じないかも。。。
こちらでは男性声優で一番好きな細谷さんの演じる鳴海が登場して、重要な役柄も担い始めるのと、OPがfripside、エンディングがやなぎなぎさんなど個人的に1期よりも惹かれる要素が多かったです。でもやっぱりあおちゃんのクルル可愛いなぁ。可愛いなぁ。。

一応、作品としてここで山場を向かえひと段落と言う場面で終わります。
ある程度の伏線の回収と謎の解明を終えて、新たな謎の回収に向けて動き出すといった感じ。
コミックでもまだその先少し進んだ部分までしかありませんが、現在新たな山場に向けて話が進んでいます。ジャンプSQなので進むのが遅いですが、ストックが溜まったら是非続きやって欲しい作品です!


終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス) 

Amazon
プライム会員は送料無料
楽天ブックス
楽天ブックスならいつでも送料無料
セブンネットショッピング
セブン‐イレブン受け取りなら送料無料
TSUTAYAオンラインショッピング
TSUTAYA受け取り送料無料

 主題歌

オープニングテーマ  ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター

百夜優一郎
声 – 入野自由
柊シノア
声 – 早見沙織
早乙女与一
声 – 岡本信彦
君月士方
声 – 石川界人
三宮三葉
声 – 井口裕香
百夜ミカエラ
声 – 小野賢章
一瀬グレン
声 – 中村悠一
柊真昼
声 – 遠藤綾
クルル・ツェペシ
声 – 悠木碧
フェリド・バートリー
声 – 櫻井孝宏

終わりのセラフ 名古屋決戦編を見るなら!?

dアニメストアがオススメ!
月額400円(税抜)で2,600作品以上が見放題!
更に、初回31日間無料で見放題!

DVDレンタルで見る人は、定額レンタルが1ヶ月無料のぽすれん!

TVアニメ 終わりのセラフ名古屋決戦編PV

スポンサーリンク