【アニメ感想】 絶園のテンペスト ヒロイン2人がとっても魅力的なアニメでした。 全24話 あらすじと感想

2019年10月29日アニメ感想, ファンタジー沢城みゆき, 花澤香菜, 浅沼晋太郎, 内山昂輝, 小山力也, 諏訪部順一, コミック原作, 2012年, シリアス, 魔法, , バトルアクション, ファンタジー

絶園のテンペスト

ぷちっとメモ

icon-film Amazon primeで1話無料で見られる。
icon-book 原作コミックスは全10巻。
icon-book 作画は違うけど虚構推理も面白いよ。

カテゴリ:ファンタジー
放送時期:2012年 – 10月

 あらすじ

はじまりの樹に文明の利器を供物とすることで魔法を使う一族の長でもある魔法使いの姫・鎖部 葉風は、はじまりの樹に対する意見の対立から姫を補佐すべき鎖部左門によって、魔法を使えない孤島に置き去りにされた。ある日義妹不破 愛花を強盗に殺され、犯人への情報を全く得られていない状況の不破真広の元に葉風の流したボトルに入った魔具人形が流れ着く。真広は妹を殺害した犯人探索を魔法により行うため、葉風と魔具による通信の契約を交わす。一方、真広の悪友である滝川吉野は愛花の墓前で謎の美女・エヴァンジェリン山本に襲撃された所を真広に救われるが、左門率いる鎖部一族の絶園の果実の収集によりその地域のほとんどの人は黒鉄病になり金属化してしまう。左門の活動を阻止したい葉風と、愛花殺害犯が鎖部一族の誰かと判った真広と共に、吉野は鎖部一族との戦いに巻き込まれる。

 

 感想

コミック原作のアニメで全24話なのでボリューム的にも見ごたえ十分でした。ストーリー的にもコミックにほぼ沿っていると思います。若干、シチュエーションが違っている部分などがありましたが内容に問題のでない程度でしたので問題なかったです!あとキャラデザに関してもコミックのが!アニメのが!なんて思わないレベルでほとんど変わらないように思えました!

 

真広はヤベー奴だと思う

内容は魔法を使った異能バトルのようなシーンと少し頭を使う謎解きシーン、中盤以降は吉野と真広のストーリーラインに分かれ、更には過去と現在にも分割されるのでその複雑さが面白かったです。最終回の終わり方はコミックとシチュエーションも違くて、コミックの方が少しだけ先の方まで描かれているので是非コミックも見てください!なにより、話が進んで行くにつれて、人間関係が複雑になっていって、それに関しては良かった部分と悪かった部分があったかなと思います。吉野と葉風の距離が縮んでいく様子は恋愛要素としては面白かったですが、その反面、真広の愛花に対する感情は理解しがたい。っていうか、見方によってはキモイかも知れません。

 

愛花ちゃんには花澤さんしか合わない

とはいえ、そんな愛花ちゃんの声は花澤さんなのでダントツの可愛さです!クール&ツンデレ&花澤ボイスによってキャラの魅力が数倍アップしている事間違いなしです!一方、沢城さんの演じる葉風は前半の強気一辺倒なキャラから、話が進むにつれて徐々にデレる回数が増えて来てそのギャップがまた可愛いいんです。愛花ちゃんは話の最初の時点で故人という事もあって、その点がアドバンテージにもなっていると思います。あとエヴァンジェリン山本役は水樹奈々さんなので、オープニングかエンディングかどっちかは奈々さんで良かったんじゃないかなぁ。

 

なかなか複雑で見ごたえがありました

ストーリーはアニメだけでも結構綺麗に終わっていますが、どうしても詰め込んだ感があったし省略されている描写や、その後の部分が触れられていないなど細かい部分はでコミックも見てもらえると良いと思います!アニメ見る時間がなければ、是非コミックだけでも!!

アニメ配信情報

 
amazon U-NEXT Hulu
dアニメ ビデオパス FOD

 主題歌

 主要キャラクター&キャスト

滝川 吉野
声 – 内山昂輝
不破 真広
声 – 豊永利行
鎖部 葉風
声 – 沢城みゆき
不破 愛花
声 – 花澤香菜
鎖部 左門
声 – 小山力也
鎖部 夏村
声 – 諏訪部順一
エヴァンジェリン 山本
声 – 水樹奈々
早河 巧
声 – 浅沼晋太郎
星村 潤一郎
声 – 野島裕史
羽村 めぐむ
声 – 梶裕貴

 

TVアニメ 絶園のテンペスト PV

 

絶園のテンペスト (ガンガンコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ