【オススメ漫画】 テンジュの国 18世紀のチベットを舞台に、のんびりと暮らす年の差夫婦のふたりにほっこりできる作品! あらすじと感想

2020年6月18日オススメ漫画連載中, 日常漫画

テンジュの国

既刊:4巻(2019/6/7発売)

「テンジュの国」のあらすじ

十八世紀、チベット。山間のとある村に住む13歳の医者見習いの少年、カン・シバ。ある日、薬草採取から帰宅すると、家には嫁ぎ先に向かう花嫁とその一行が滞在していた。花嫁の名前は、モシ・ラティ。彼女は、異国からはるばるやってきたカン・シバの花嫁だった。 心優しい少年と不思議な花嫁が織りなす、チベットの日常が満載の、ほのぼの物語。

 

「テンジュの国」の感想

18世紀のチベットが舞台という事で、工業化も機械化もまったく進んでいない時代背景と、チベットという山岳地帯で広々と暮らしている様子がとても良いです!

 

時代的にみんな若い。

婚約者としてやってきたヒロインですが、結婚は決まっているもののお互いにこれから恋愛を始める感じです。まだ少年と少女くらいの年代の主人公とヒロインが、普段の生活を通してお互いの事を少しずつ理解しながら家族としての距離を縮めていく様子もほほえましく癒されます。時代背景もあってか、全体的に年齢層が低く設定されているので、主人公の父も主人公で行けそうなくらい若いですし、母もヒロインで行けるくらい若くて可愛いです!

 

絵が綺麗で可愛い!

なんと言ってもこの漫画は絵がとても綺麗でそこに一番惹かれて見はじめました。特に主人公にキュンとした時のヒロインはとーっても可愛いです!一応、ヒロインの恋敵的な主人公の幼馴染がでてきたりしますが今のところそんなにゴタゴタしませんでした。結婚というゴールに向けて話が進んでいるので、ただの日常系ではすぐ終わってしまいそうなのでその辺りが少し不安です。まだ3巻しかでていませんが、癒し系の漫画として今後追って行きたい作品!

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ