【アニメ感想】 東京レイヴンズ 全24話 あらすじと感想 →陰陽術を使うバトルシーンがカッコイイ!

アニメ感想, バトルファンタジー, ファンタジー2013年, SF, ツンデレ, バトル, ファンタジー, ラノベ原作, 下野紘, 佐倉綾音, 南條愛乃, 友情, 和テイスト, 喜多村英梨, 学園, 川田まみ, 現代, 石川界人, 能力, 花澤香菜, 豊崎愛生, 遊佐浩二, 金元寿子, 黒崎真音

東京レイヴンズ

ぷちっとメモ

icon-film Amazon primeで1話無料で見られる。
icon-book コミカライズが15巻もあるよ。

カテゴリ:バトルファンタジー
放送時期:2013年 – 10月

 あらすじ

今から半世紀前、陰陽師・土御門夜光は禁呪である儀式を執り行うもこれに失敗、これ以降東京に霊災と呼ばれる災害が起こる原因を作った。そして現在、陰陽道の名門・土御門の分家にあたる血筋にも関わらず、霊気を感じ取る「見鬼」の才を持たない土御門春虎は、陰陽師になる道を諦め友人の阿刀冬児や北斗と平凡な生活を送っていた。そんなある日、春虎は土御門家次期当主で幼馴染の土御門夏目と再会する。その直後に陰陽師・大連寺鈴鹿の起こした事件に巻き込まれて、春虎をかばった北斗が命を落とす。北斗が人間ではなく式神であったことを知った春虎は、操っていた術者に会うことを望み、夏目の式神として陰陽師への道を進むことを決意する。

 

 感想

和と現代を混ぜた陰陽師ファンタジーアニメです!真言を唱えながら戦う姿がカッコ良かったのと、陰陽術と科学を融合させた人造式神など、SFっぽい部分も混ざっていて世界観に幅が広がっていて良いと思います!一応学園ものなのですが、バトルに重点がおいてあるのか日常回だと思ってもなんかしらあって戦闘になる事が多く純粋な日常回はそんなにないと思います。合わせて恋愛要素も薄っすら淡い恋心がある程度でもちろんエロ要素もほぼなし。表立ってストーリーに関係あると言えば、春虎と北斗の事くらいでしょうか。

 

もっともっと見たかった

24話でボリュームたっぷりと思いきや、日常回も恋愛ももっとあった方が面白かったとおもうので24話でも足りないくらいでした。この内容で24話2クールに嵩増ししてくれても全然楽しめたと思います。その24話全編に渡って大半を占めている戦闘シーン、序盤はまだみんな勉強中もあり泥臭い戦いが続きますが、中盤からの主人公たちや十神将の人たち、大友先生などの戦闘シーンは単純にカッコいい。冬児の変身はちょっとダサいと思っちゃいましたけど、様々な真言を使って戦う姿が厨二心をくすぐります!!

 

好きな声優さんばっかりでした!

キャストもものすごく豪華で、個人的に大好きな喜多村英梨さん演じる倉橋京子と、この作品で一番お気に入りキャラの佐倉綾音さん演じる大連寺鈴鹿は少なくとも外せないです。基本的にメインキャラは全員有名な声優さんと言っても良いくらいなので、誰かしらお気に入りの声優さんは出ていると思います!全24話でラストだけはイマイチ腑に落ちない終わり方でしたが、原作もそんな感じだったので仕方ないか。まだ少し謎も残っているし最終的にはどういう着地で落ち着くのかも気になります。原作小説では続いているようですが、小説読む時間はないなぁ。コミカライズも15巻も出ているのでそちらもオススメ!

アニメ配信情報

東京レイヴンズ

 
amazon U-NEXT Hulu
dアニメ ビデオパス FOD

 主題歌

オープニングテーマ ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター&キャスト

土御門 春虎
声 – 石川界人
土御門 夏目
声 – 花澤香菜
コン
声 – 豊崎愛生
北斗
声 – 金元寿子
阿刀 冬児
声 – 木村良平
大連寺 鈴鹿
声 – 佐倉綾音
倉橋 京子
声 – 喜多村英梨
百枝 天馬
声 – 下野紘
大友 陣
声 – 遊佐浩二
鏡 伶路
声 – 吉野裕行

 

TVアニメ 東京レイヴンズ PV

 

東京レイヴンズ (角川コミックス・エース)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク