アニメ 東京ESP 感想と色々まとめ

ファンタジー, SFファンタジー2014年, SF, XEBEC, コミック原作, バトル, ファンタジー, 現代, 能力

■ 動画配信情報 ■

amazon prime U-NEXT ビデオマーケット dTV
別途有料チャンネル 定額見放題
dアニメストア Hulu FODプレミアム auビデオパス
定額見放題 定額見放題


カテゴリ:SFファンタジー
放送時期:2014年 – 7月


 あらすじ

貧乏学生の漆葉リンカはある日、空飛ぶペンギンとそれに追われる光る魚の群れに遭遇する。
そして、魚の1匹が彼女に入り込むことでリンカは物質をすり抜ける超能力(ESP)を手にした。同じくESPを手に入れた先輩の東京太郎と共に、リンカは同じように魚に入り込まれた超能力者によって起こされる様々な事件に遭遇することになる。


 感想

コミック原作でコミックは1部と2部に分かれています。
アニメはコミックの1部の部分で終わりました。1話目に11話目の時系列を見せる手法をプロローグのような形で見せているのですが、1話丸まるやってたので何も知らない人は「?」がいっぱい出そうでした。
ちなみに1話の序盤で原作者の前作、喰霊に出てくる黄泉と神楽が待ち合わせしてます。
基本的には原作のストーリーに沿っていますが少しだけ内容が違いましたし、実質11話で6巻までの内容をやらないといけないので細かい描写なども削られて、逆に美奈実の回想が多かった気がします。
原作では攫われない東が攫われて美奈実との絡みが増えていましたので、美奈実が裏ヒロインの様な立ち位置に置かれるように内容を変えているように感じました。
あとは、教授の奥さんの話が奥さんが良い奥さん過ぎて感動!その他としては、終盤で出てくるペリカンのペリコの声が茅原実里さんなので味わって聞きましょう!!


原作は1-6巻で1部、7-16巻で2部なのでアニメのその後が内容的には本番といった感じ。
2部では新しいキャラも沢山でてきますし、ストーリーの最終的な終わりもちゃんと見れるのでオススメです。原作の方がじっくり進んで行く感じで内容が濃厚に感じました!


東京ESP(1)(角川コミックス・エース)

Amazon
プライム会員は送料無料
楽天ブックス
楽天ブックスならいつでも送料無料
セブンネットショッピング
セブン‐イレブン受け取りなら送料無料
TSUTAYAオンラインショッピング
TSUTAYA受け取り送料無料

 主題歌

オープニングテーマ  ダウンロードはコチラ


エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ


挿入歌  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター

漆葉 リンカ
声 – 木戸衣吹
東 京太郎
声 – 河本啓佑
黒井 小節
声 – 相沢舞
江戸山 紫
声 – 田所あずさ
大空 歩
声 – 緒方恵美
ペギィ
声 – 水原薫
教授
声 – 川原慶久
東 美奈実
声 – 三澤紗千香

 東京ESPを見るなら!?

dアニメストアがオススメ!
月額400円(税抜)で2,600作品以上が見放題!
更に、初回31日間無料で見放題!

DVDレンタルで見る人は、定額レンタルが1ヶ月無料のぽすれん!

関連商品