【おすすめ漫画】 向ヒ兎堂日記 あらすじと感想 →絵と雰囲気と時代背景が気に入りました。

オススメ漫画, ファンタジー 漫画完結済, 漫画

ぷちっとメモ

icon-book 電子書籍だと全体的に少し安い。
icon-heart 表紙より中身の方が絵が良いよ。

カテゴリ:ファンタジー
掲載媒体:月刊コミック@バンチ
既刊:全8巻(完結済み)

 あらすじ

明治時代、文明開化が華やかになりだした頃。時代に逆行して妖怪関係の書物を隠れて収集する不思議な貸本屋があった。その名も向ヒ兎堂。世の中は、妖怪関連すべてを取り締まる違式怪異条例が施行され、妖怪を消そうと巡査達が動き出す。そんな中、妖怪が見えてさわれてしまう本屋の主人・兎崎伊織は、猫又の銀、化狸の千代ら仲間達とともに、妖怪の悩み相談所を開くことになる。現実の明治とは少し違った世界で繰り広げられる明治妖怪奇譚。

 

 感想

完結済みで全8巻。ボリュームはちょうど良い感じです。最初は絵が綺麗だったので読んでみたのですが、明治時代を舞台に可愛い妖怪たちとの話で良い話が多かったです。ちなみに兎は出てきません。タヌキとネコは可愛いのが出てきます!

 

妖怪のキャラデザが可愛い

前半は1話完結の妖怪たちの相談の話が多く、話が徐々に進んでいくに連れて伊織の出生の秘密や、取締局に隠させた秘密などの謎解きなども増えてきて話の進むテンポも良かったと思います。そして、千代を筆頭に座敷童やタタラ、クマなど(笑)可愛らしい妖怪たちとのコメディ的なお話も見所の一つでした!

独自の世界観と雰囲気が良かった

面白い・可愛い・シリアスなど色々な要素が楽しめる作品だったと思います。完結してしまっていてアニメ化は無さそうですが、漫画として読んでみるだけでも損はない作品です!兎が好きなのか同じ作者さんの新作でも兎がテーマになっているみたいなのでそちらも今度チェックしてみます!バスキュレって作品です!骨董猫屋も読みましたが面白かったです!

向ヒ兎堂日記 (バンチコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク