【アニメ感想】 ウィッチクラフトワークス 全12話 あらすじと感想 →ヒロインのサイズ感が気になっちゃう

アニメ感想, ラブコメ2014年, fhána, J.C.STAFF, コミック原作, バトル, ヒロイン最強, ファンタジー, ラブコメ, 井澤詩織, , 学園, 小林裕介, 沢城みゆき, 現代, 能登麻美子, 茅野愛衣, 釘宮理恵, 阿澄佳奈, 魔女, 魔法

ぷちっとメモ

icon-film Amazon primeで1話無料で見られる
icon-book 原作コミックス最新刊は13巻

カテゴリ:ファンタジー ラブコメ
放送時期:2014年 – 1月

 あらすじ

ごく普通の高校生・多華宮仄は、掃除中にゴミ箱へ捨てられていたぬいぐるみを見つける。そのぬいぐるみに書かれていた「晴れ 時々 校舎が降るでしょう」の文字通り頭上に校舎が降り注がんとしていた時、仄はクラスメイトにして強力な炎の魔女でもある火々里綾火に助けられる。この綾火との出会いをきっかけとして、仄は己に眠る力を巡る魔女たちの戦いへ巻き込まれていく。

 

 感想

学校で絶大な人気を誇るお姫様と冴えない男子高校生のラブコメにツンデレ妹も加えて、魔女たちの戦いも描いているファンタジー作品です。姫様が多華宮くんに甘々だったり、ツンデレの妹が異常なほどお兄ちゃんが好きだったりするラブコメパートと、敵対する塔の魔女が襲ってきて戦闘になるバトルパートに分かれています。姫様が甘々な原因も塔の魔女が襲ってくる原因も多華宮くんに原因があるようで、そのあたりの謎が少しづつ明らかになりながらストーリーが進んで行きます。

 

魔女物だけあって女性キャラが豊富

基本的な男性キャラは多華宮くんだけでその他はみんな女性キャラ。エヴァーミリオンとかメデューサとか一部例外もありますが可愛いキャラが多いのが魅力的です!キャラデザだけで言ったらたんぽぽとかがかなり可愛いと思います!というか、工房の魔女より塔の魔女の方が全体的に可愛い気がしますし、KMM団の面々とかみんな良いキャラしてます。その変わりにヒロインで絶大な人気を誇る姫様のはずの火々里さんが可愛くない。これは原作の時から思っていましたが、なんがガタイ良いし顔デカイのが凄く気になります。もう少しスリムに描くだけでだいぶ違うのに残念です。

 

キャストや主題歌は良い

魔女のキャラがたくさん出てくる事もあって色々な女性声優さんの声が聞けるのもこの作品の良い所です!そしてこのアニメはキャラとキャストの組み合わせが凄く合っているのが多いです。釘宮さんのクロノワールはじめ、たまに出てくるエヴァーミリオン役の能登さんやたんぽぽ役の井澤さんなどイメージ通りでかなり良かったです!オープニングのfhánaの曲はオープニングが良いというよりはPVが良かった!ボーカルのトワナさんがメチャメチャ可愛いので是非youtubeで見てください!エンディングは個人的推しのKMM団ってのもあってまんま良かったです!

 

コミックスもそんな変わらないんだけどね

コミックス原作なのでアニメでなぞのまま終わった部分はそちらで続きが読めます。ただ、キャラデザなど基本の部分はコミックスでもそんなに変わらないので姫様はガタイの良いまま。13巻まで出ているので結構ボリュームあって読み応えもがあるのと、なんだかんだ世界観は好きなのでオススメです!

アニメ配信情報

 
amazon U-NEXT Hulu
dアニメ ビデオパス FOD

 主題歌

オープニングテーマ ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

挿入歌 ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター&キャスト

多華宮 仄
声 – 小林裕介
火々里 綾火
声 – 瀬戸麻沙美
多華宮 霞
声 – 茅野愛衣
白姫エヴァーミリオン
声 – 能登麻美子
火々里 かざね
声 – 大原さやか
氷尾 凍子
声 – 阿澄佳奈
倉石 たんぽぽ
声 – 井澤詩織
乙女橘 りのん
声 – 下屋則子
クロノワール
声 – 釘宮理恵
メデューサ
声 – 沢城みゆき

 

fhána divine intervention MV

 

ウィッチクラフトワークス (アフタヌーンコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

スポンサーリンク