【アニメ感想】 ゆるキャン△ 全12話 あらすじと感想 →ほのぼの感と自然に癒されるアニメ

2019年9月3日アニメ感想, 日常

ぷちっとメモ

icon-film Amazon primeで会員なら見放題
icon-film 続編がぞっくぞくやります!

カテゴリ:日常
放送時期:2018年 – 1月

 あらすじ

オフシーズンの一人キャンプが好きな女子高校生の志摩リン。リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、野クルのメンバーである大垣千明と犬山あおいらと共にキャンプに夢中になっていく。一方、仲間と行動するのが苦手なリンは、野クルの勧誘を断りつつもSNSなどで野クルメンバーとの交流を少しずつ重ね、時々ではあるが行動を共にするようになる。

 

 感想

きらら定番の女の子だらけの日常アニメ。きらら系ではないですがヤマノススメに似たような女子高生がアウトドアにハマる日常を描いています。キャンプパートと学校や準備のパートを繰り返しながら物語がゆっくりと進んで行きます。

 

ほのぼの癒し系

キャラは女の子ばっかりですが女子高生同士の殺伐とした感じもまったくなく、キャンプを通してただただ楽しい日常を送っている様子だけが描かれていて凄くほっこりします。学校パートではキャンプの準備を試行錯誤している楽しそうな様子でほっこり、キャンプパートではキャンプ特有の自然などに癒される。最終的にキャラ全員でキャンプするのですが、ひとまとめに全員が友達!って感じではないのが女子高生って感じで意外とリアルでした。逆にキャンプで出会った酒飲みの女性が高校の先生でしたっていうご都合設定もあったり、そのあたり上手く使って作られているように思います。

 

飯テロ要素もあり

リアルタイムの放送時間帯では大変だっただろう飯テロ要素。1話序盤のカップラーメンですらキャンプの感じと相まって美味しそうに見えました。他にも色々なキャンプ飯が登場するのもこのアニメの見どころの一つだと思います。最近はキャンプでパエリアなんてやるんだなぁとか思いながら、他にも肉やスープや鍋などアニメでも十分美味しそうに思える料理がたくさん出てくるので、お腹の空いてる時に見るのは危険です!

 

今後も楽しめそう

2020年にはへやキャンがショートアニメでやる予定で、更に時期は未定ですが2期も劇場版もやる予定で今後もゆるキャンてんこ盛り状態!個人的には佐々木恵梨さんの曲が雰囲気に凄く合っていたので2期でも劇場版でも使って欲しい。へやキャンは本編のおまけの時と同じ感じであればコメディ要素が強い作風だと思うので、ショートアニメとは言え期待できる作品だと思います!原作がきららフォアードからウェブ配信になってしまったのが少し残念ですが、まだ見た事ない方は読み始めるには手を出しやすくなったかも知れないのですね。

アニメ配信情報

 主題歌

オープニングテーマ ダウンロードはコチラ

エンディングテーマ  ダウンロードはコチラ

 主要キャラクター&キャスト

志摩リン
声 – 東山奈央
各務原なでしこ
声 – 花守ゆみり
大垣千明
声 – 原紗友里
犬山あおい
声 – 豊崎愛生
斉藤恵那
声 – 高橋李依
鳥羽美波
声 – 伊藤静
各務原桜
声 – 井上麻里奈
 

 

TVアニメ ゆるキャン△ 予告編

 

ゆるキャン△ (まんがタイムKRコミックス)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ